不動産の有効活用

不動産を持つ続けることが必ずしも良いことだとは
思わない方が良いということを覚えておいてください。
というのは、不動産を所有するということは、
その不動産の価値にあった税金を支払う必要があります。
また、いずれ所有者がこの世からいなくなりますので、
その場合、相続税を支払う必要があります。
最近、さらに相続税率が高くなるという噂もあります。
このように、不動産を持つということは経費がかかるのです。
バブルの頃のように、持っているだけで、年々価値が
上がっていけば、税金を支払っても良いのですが、
そうでなければ、損する可能性の方が高くなってしまいます。
今、日本は人口が毎年減っていく傾向にありますね。
そうなると、不動産は需要と供給の関係で価格が決まりますので、
どう考えても、不動産の価値は下がる方にしかいかないのです。
ですから、日本で不動産を持っていることはリスクが伴うと
いうことを頭に入れておいて欲しいと思います。
その上で、では不動産を持っている場合、どうしたら良いか?
というと、将来、5年後、10年後にその不動産の価値が
上がる場所にあるのかどうかがひとつの判断材料になります。
もし、上がらないのであれば、一旦は処分してしまって、
利益を生み出す不動産に変えてしまうという方法が
良いと思います。
たとえば、賃貸アパートとして貸し出して家賃をもらうと
いうことです。
この方法は上手くいきます。
せひ試してみてください。

コメントを残す