マンションを売るための土地査定方法

マンションを売る際、気になるのはいくらで売れるかですよね。

土地の評価額は、決まってはいませんが、だいたいの目安は、
国が出している路線価格というデータを見ればおおよそ分かります。

たとえば、こんな感じです。

まずは、自分が所有する土地の面積を調べます。

土地の面積は、買った時のマイソクと呼ばれるパンフレットをみると、土地面積という項目に書かれています。単位はm2(平方メートル)です。

マンションのような集合住宅の場合は、マンションのトータル土地面積から、自分の持ち分である按分をかけると、それが自分が所有する土地面積になります。

次に、路線価格を調べます。路線価格は以下の国税庁のサイトで調べられます。

http://www.rosenka.nta.go.jp/

このサイトで、マンションの住所を地図上で調べます。
たとえば、下図のように、住所が赤丸●にあったとしましょう。

マンションを売る土地査定方法

この場合、2192万円/m2のラインと、2360万円/m2のラインに赤丸が接していますね。
少なく見積もるなら小さい方の価格で、強気に見積もるなら2つの価格の中間値を取ります。

この価格は、1m2当たりの土地価格ですから、もし土地面積が50m2なら、
小さく見積もって2192万円×50m2=109600万円となります。

これはあくまで路線価での評価で、
この評価額は実際の取引値の7割~8割になることが分かっているので、
土地の査定評価額は、137000万円~156571万円ということになります。

この方法で一度あなたの所有する土地の査定評価額を算出してみてください。
なお、この方法は、マンションだけでなく、家や、更地にも活用できる算出方法になっています。

コメントを残す