業者買取は不動産を売るのに損か得か?

不動産買取り
不動産を高く売りたいと思っている人にとって、どのような形で売ると、短時間で手間なく高く売れるのかが気になるところだと思います。
通常マンションなどの不動産は、買い手を探してもらう仲介業者と契約をして、広告→内覧→取り交わし→引き渡し。。。といった手順を辿ります。
しかし、このような手順を踏まず、不動産業者の中には、マンションなどの不動産をそのまま買い取ってもらえる業者があります。
最近そのような形での取引や業者が増えています。
このような取引のメリットは短時間で手間なく売れるため、即金性が高く、換金することが出来ます。

不動産買い取りのメリット

買い取りにはいくつかのメリットがあります。

買取業者による買い取りは早い

買取業者は買い手を探さずにまずは不動産会社が買い取ります。
だから、支払いは数日で行われすぐに現金を手にすることが出来ます。

確実に売却できます

買い取りでない場合、人気のある間取りや地域であればすぐに買い手が見つかる事もありますが、そうでなければ長い期間がかかってしまいます。
また、買い手が見つかっても買い手の銀行融資申請が承認されなかったら、また一からやり直しとなってしまいます。
その点、買取業者は企業なので一定規模以上の不動産であれば、買い取ってくれます。

近所に知られずに売れます

通常のマンション売却などでは、買い手の募集はホームページへの掲載や新聞折込広告、住宅情報誌への掲載などを行います。
その際、近所の知り合いに分かってしまうのを気にされる方がいらっしゃいます。
買い取りであれば、広告宣伝は一切しませんので近所に知られず安全に売ることが出来ます。

瑕疵担保責任が免除されます

買い取りの場合は、不動産会社等の買取業者と取引することになるので、瑕疵担保責任が免除されます。
この免除は大きなメリットとなります。特に不動産の老朽化が進んでいて、どこがどのように老朽化しているのかの見分けができにくい場合は特にメリットとなります。
瑕疵担保責任とは、不動産を売った後に発生した不動産の不具合に対して売り主が責任を負わされることです。

不動産買い取りのデメリット

通常の売却よりもメリットのある買い取りですが、買い取りにはデメリットもあります。

売値が通常の売却よりもかなり安く設定されてしまう

買取業者はお金をかけてリノベーションして付加価値を付けて高く売るために、仕入れ値を安くしようとします。
そこで買取業者は、市場価格の8割くらいの価格を提示してきます。
よっぽど短期間でマンションを売る必要性が無ければ、買取業者を利用する必要は無いかなと思います。

買取業者を理解するための買取業のお仕事内容

買取業者は、買い取った不動産をリノベーション(リフォームよりも大掛かり)して付加価値を高くし、売り手を探して高く売ります。だから、買取業者は不動産を購入から売却して利益を得るまでの期間が非常に長くなってしまいます。
この期間が短ければ、不動産の買取価格を高くしても十分な利益が出ますが、不動産を所有している期間が長いために、その間の保守、金利などにコストが掛かるために不動産の仕入れ値を低くする必要があります。
よって、買取業者の買取価格は非常に安い価格にせざるを得ないのです。
売ろうとしている不動産の本当の価値が3000万円だとしたら、それを買取業者は2400万円で買い取って、400万円かけてリノベーションし、3400万円で売却。利益は600万円という感じです。もちろん物件によってイノベーションにかける金額や利益は変わってきます。
買い取りの場合、ある程度の規模が無いと買い取ってもらえません。
マンションですと例えば30m2以上が必要です。
 

コメントを残す