投資用マンションの出口戦略

投資用マンションの最終的な利益を考えた時、
投資家の方は、利回りを非常に気にされる方が多いです。
確かに利回りが良ければ有利に不動産投資を進めることが出来ますし、
有利に進めているという安心感は投資には大切であることは私も良く知っています。
ただし、これに関しては自分の感情をコントロールする必要があると思っています。
というのは、投資用マンションの最終的な利益は、
マンションをいくらで売却出来たのかによって決まってしまうからです。
そもそも、投資用マンションの出口戦略は、
1.一定期間保有の後に売却。
2.ずっと保有し続ける。
この2つのうちどちらかですね。
実際、ずっと保有し続けるのは出口戦略ではないし、
いずれ建て替えという事になれば修繕積立金で賄えない部分は現所有者が負担することになるので、
大損する事が目に見えています。。よって、
1.一定期間保有の後に売却しかありません。
通常、一軒家などでは更地にして売却という方法があるのですが、
マンションの場合は、更地にする金額が高すぎて普通採算に合いません。。。

では、実際にどうやって投資用マンションの出口戦略を成功させるかですが、
それは、
保有しているマンションを高く売れる時に売却する事です。
売却時期を見定める必要があります!
あらかじめ、保有する期間を設定するのではなく
たとえば毎年気の向いた時で良いので、
まめにマンションを高く売れるかどうかをチェックします。
投資用のマンションはたとえば、健美屋さんとかで購入できます。
おそらく投資家の方の中では1番アクセスされているサイトではないかと思います。
健美家さんは、投資家の方にマンションを売却するためのサイトなのです。
そうなると、投資家の方達は利回りを非常に気にされるので、
利回りに見合ったマンションの価格に落ち着きます
では、逆に、
中古マンションを買ってお安く住みたいという方もおられます。
そのような方は、利回りを気にすること無く、
マンションの周りの環境の利便性を重視して購入するマンションを決定します
すると元々投資用のマンションなどは駅から近いなど、利便性の良いマンションが
投資用マンションとして流通するケースは多いですから、
投資用マンションを実需と呼ばれる実際に住むことを目的としたファミリー層に売却すると、
マンションを高く売れることが多いです。

例として以下に3物件のケースを示します。
ちょっとネットで調べただけでも通常より高く売れると思われる3物件が見つかりました。
(調査したのは2015年5月16日です。)

健美屋価格
(投資物件サイト)
ヤフー不動産価格
(一般購入サイト)
差額
物件1
1500万円
1600万円
100万円UP
物件2
1050万円
1150万円
100万円UP
物件3
1130万円
1300万円
170万円UP


投資家が売買するサイトよりもYahoo!不動産のようなサイトの方が高く売却できますね。。。
ネットでちょっと調べただけでこのような結果ですが、
さらに、地元に根づいた不動産屋さんにお願いして、
草の根集客を活用すればさらに高く売れる可能性が高いです。

そのような不動産屋さんを見つけるには、
まず以下のサイトの無料査定を活用してみて下さい。
マンションだけではなく、不動産全般を売却できます。
不動産無料査定のページはこちらです。マンションを高く売る

↑不動産パパおすすめのサイトです。↑

最終的に所有する不動産が高く売れれば、多少利回りが低くてもそれをリカバー出来る事もあります。


 
 
物件1 100万円UP高く売れました

 
 
物件2 100万円UPで高く売れました

 
 
物件3 170万円UPで高く売れました
 
 

コメントを残す