投資用マンションを高く売却するには

マンションと聞くと 建売りの分譲マンションを

思い浮かべる人が多いと思いますが、

この分譲マンションを本来の目的である自分で住むために

購入するのではなく、人に貸すことを目的に分譲マンションを

売買している人達がいます。

いわゆる不動産投資家です。

不動産投資家達は、不動産投資家だけが集まる市場で

売買しているため、

投資として採算が合わない売却額では売れません。

結果的には、不動産投資家のマンション売却マーケットは

一般の住むために家を買う人が売買するマーケットよりも

かなり安い売却額で取引がされています。

これは、不動産投資家は利回りでしかマンションの価値を

判断しませんが、一般のマンション売却マーケットでは、

自分にとって良いマンションなのかどうかしか判断基準が

ないため、利回りとしては非常に低くても自分が住みたい

マンションを購入してくれるからです。

そして、不動産投資家に特に、注目して欲しいのは、

投資用マンションを保有している人は、

不動産投資家のマンション売却マーケットで購入したとすれば、

それを、一般の住むために家を買う人に売ってしまえば、

その分の大きく利益を得ることが出来るのです。

ただし欠点もあります。

不動産投資用のマンション売却マーケットでは、

動きが早いのですが、

一般の住むためのマンション売却マーケットは

売却に半年から1年位かかる可能性が高いです。

よって流動性は良くないのですが、

流動性が気にならないのであれば、

一般の住むためのマンション売却マーケットを活用することで、

マンションの査定額は50%UPは可能だと思います。

ですので、投資用マンションを所有している人は、

一度以下のサイトにて査定額を聞いてみる価値は

あると思います。

マンションを高く売るマンションを高く売る

 
 
 
 

コメントを残す