売却にかかる諸費用と税金のまとめ

マンションを売る際に心配なのが、売却にかかる諸費用と税金ではないでしょうか?
マンションを売る際はいろいろな諸費用がかかります。
ここでは、マンションを売る際に必要な諸費用と税金についてまとめてみました。
 
1.『仲介手数料』

仲介手数料は、マンションが売れた際のみにかかります。
売れる前から不動産屋さんに支払う費用はありません。
仲介手数料は、マンションの売却価格に比例しており、
売買代金×3%+6万円(消費税別)が一般的です。
不動産屋さんによって異なることがあります。
 
2.『測量費用』

マンションを売る際は、マンション設計時の図面があるのでこの測量費用は要りません。
土地付きの不動産を売る際は、地積を確定するための測量費用が必要です。
整形地で高低差もなく、
境界標復元の必要ない場合で、10万~20万円程度が相場です。
 
3.『抵当権抹消費用』

ローンの残債がある場合は抵当権抹消費用が必要となります。
費用は抵当権1本につき1万5000円程度です。
 
4.『各種税金』

売却に伴う利益にかかる所得税や住民税などです。
その他にも契約書に貼る印紙税(売買額により異なる)があります。

売却額から、諸費用・税金を差し引いた金額が手取り額となります。
不動産会社や管轄の税務署などに問い合わせて
あらかじめ必要な経費や税金を算出して、資金がショートしないようにしましょう。
 
5.『引越し費用』
売却するマンションにすでに住んでいなければ、引越し費用はかかりませんが、
引っ越しを業者に頼むと、相場としては距離にもよりますが、
2人家族で10万円くらい。4人家族だと20万円くらいかかります。
結構高いので、
なんとかお友達に手伝って頂ければ、トラックのレンタル費用だけで済みます。
 
 
 

コメントを残す