高く売る事例:売却するターゲットをあえて絞る

通常、家にしろマンションにしろ土地にしろ、
売却する際には間口をたくさん広げて多くの人に
内覧してもらえば、成約すると多くの人が
考えがちですが、意外にもこのような考え方は
上手くいかないことが多いです。
むしろ、ターゲットを地域限定など、絞って絞って
こんなに絞ったらいつまで経っても売れないだろうと
思うくらいなことをすると意図も簡単に売れてしまう
ことがあります。またその場合は特に高値で売れる
ことが多いです。
その理由の一つには限定性に魅力を感じる人が
少なからずいるからです。
たとえば、事例を上げると、病院の経営者にとって、
看護婦さんの確保は経営にとってこれほどの重要な
要素はありません。そして看護婦さんほど育てるのに
時間がかかる職種のないくらいなのです。
なので、子供が生まれたといった理由で辞められる
のをなんとか食い止めたいのです。
そこで、病院経営者に、この土地やマンションを
取り壊して、保育園を立てて、看護婦さんが
働きやすい環境を整備したらどうですか???
と提案してみるのです。
そうすると、病院で法人ですからお金は民間人より
持っています。そうして高値で売れることが多いのです。

コメントを残す