高く売る事例:隣地所有者に一部を売却

不動産を売却する際には、土地を合わせたり、
分割したりして不動産の価値を高めることを
述べてきました。
その方法の応用として、この例を出しましょう。
神奈川県のこと土地は、近隣の取引相場価格が、
坪当たり90万円でした。この土地は30%高い
価格で売ることができました。
それが出来たのは、この物件には、非常に細い
1mほどの通路がありました。
この通路を隣地に売却したのです。
この隣地は、旗地になっていて、その土地への
通路は道幅が1.6mしかなく、通常、
市役所からの再建築許可がおりません。
家は古い家のまま過ごさないといけないのです。
しかし、売却しようとしていた通路のみを
この隣地の所有者に売ることで、隣地は再建築が
可能となったのです。
最初に隣地の所有者にお話を持ち込んだ時には、
説明はもういいから早く売ってくれと言われました。
道が広くなることで車が通れるようになり、
家の前に駐車が可能で、なおかつ、
再建築が出来れば街並みも良くなるので、
私としても非常に社会に対して役に立っていて、
非常に気分の良い思い出した。
隣地の所有者はたいへんに喜んでくれました。

コメントを残す