高く売る事例:不動産の広さで売却先が変わる

不動産、主に土地には個人用としては、大きいが、
事業として考えるには、狭いという規模感の土地があります。
駅からの距離などの諸条件も考慮する必要がありますが、
だいたい100~150坪程度の土地が、このような、
売却先に悩むケースとなっています。
戸建分譲会社が土地を購入して、一般的な相場である30坪前後に
分割して建物を立てて付加価値を付けた形で売却するパターンや
不動産会社が土地を購入して、30坪程度の区画に分割して、
土地のみをフリープランとして売却することもあります。
こうすることで、一括で売るよりも高い単価で売ることが出来ます。
また、複数の方に売却することで、手数料が増えることになります。
この場合、注意しなければいけないのは、分割することで、
道路を通さないといけない場合です。
この場合は、その道路は私道でなければ市に譲渡することになるので、
土地が減ってしまうことを意味しています。
コレによって、不動産の総額が減ってしまうのであれば、
元も子もないことになってしまいます。

コメントを残す